【天皇即位の礼】スケジュールまとめ!パレードや伊勢神宮参拝はいつ?

高御座と御帳台

天皇陛下が即位を国内外に宣明される「即位の礼」の中心儀式「即位礼正殿の儀」が10月22日に午後1時に開催されます。
儀式は来年4月まで続くと報じられています。

ここでは

  • 「天皇即位の礼」のスケジュール
  • 注目の儀式の場所と時間について
  • インターネット中継情報

について、調べたことをお伝えしますね。

テレ東NEWS即位礼正殿の儀」会場公開の動画です。

こちらは、【天皇即位の礼】22日の「即位礼正殿の儀」の交通規制についての記事です。
あわせて、ご覧ください。

関連記事:
【天皇即位の礼】22日の「即位礼正殿の儀」の交通規制はどうなっているの?期間・時間と場所は?



「天皇即位の礼」スケジュールまとめ

ここでは、メディアでも取り上げられそうな儀式について
産経新聞を参考にしてお伝えしますね。

産経新聞によると以下のように報じられています。

天皇陛下が即位を国内外に宣明される「即位の礼」の中心儀式「即位礼正殿の儀」が22日、皇居・宮殿「松の間」で行われる。
天皇、皇后両陛下は海外からの賓客らを招いた「饗宴(きょうえん)の儀」にも臨まれる。
予定されていたパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」は台風19号の甚大な被害を考慮して来月10日に延期となった。
10月14日と15日には陛下が五穀豊穣(ほうじょう)と国民の安寧を祈られる一世一度の祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」の中心的儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」も控えている。
一連の儀式は来年4月まで続く。

首相官邸のホームページでは、天皇陛下の御退位及び皇太子殿下の御即位に伴う国の儀式等についての式典の準備状況等を皇位継承式典事務局からの説明がされています。
首相官邸/天皇陛下の御退位及び皇太子殿下の御即位に伴う国の儀式等・最終更新日:令和元年10月18日

「天皇即位の礼」今後の主な代替わり関連行事・儀式の日程

パレードは
11月10日(日)午後3時に皇居・宮殿を御出発になり、おおむね午後3時半に赤坂御所に御到着になる予定です。
パレード当日は、混雑が予想されますので、公共交通機関をご利用ください。

と呼びかけています。

11月22日・23日には、親謁(しんえつ)の儀のために、両陛下は伊勢神宮へ参拝される予定ですね。

産経ニュースによると以下のように報じています。

大嘗祭終了後、天皇、皇后両陛下が伊勢神宮(三重県伊勢市)や歴代天皇陵を参拝される「親謁(しんえつ)の儀」の日程は
▽同月22、23日に伊勢神宮
▽27日に神武天皇陵(奈良県橿原市)
孝明天皇陵(京都市)▽28日に明治天皇陵(京都市)▽12月3日に昭和天皇陵、大正天皇陵(ともに東京都八王子市)-に決定した。

参考サイト:
産経ニュースの公式サイトを参考にしています。
産経ニューズ/大嘗祭の次第決定 両陛下11月22、23日伊勢神宮ご参拝・ 2019.10.2 20:43

天皇即位の礼関連行事と儀式日程
(産経新聞より抜粋)

毎日新聞は以下のように天皇即位に伴う儀式について説明されています。

即位に伴う中心儀式である「即位礼正殿の儀」は終わったが、皇位継承に伴う儀式や行事は今後も続く。台風19号の被害を受けて延期されたパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」は11月10日午後3時から、皇居から赤坂御所までの約4・6キロのコースで行われる。

同14、15日は天皇陛下が五穀豊穣(ほうじょう)や国の安寧を祈られる皇室行事大嘗祭(だいじょうさい)の中心的儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」が、皇居・東御苑で行われる。

天皇、皇后両陛下は同月下旬、即位の礼と大嘗祭が終わったことを報告する「親謁の儀」のため、伊勢神宮(三重県伊勢市)などを参拝する。

毎日新聞公式サイト:
毎日新聞/来月下旬から「親謁の儀」 伊勢神宮など参拝・2019年10月23日 東京朝刊

10月の主な大代わり関連行事・儀式の日程

◎は国事行為:
○は大礼関係行事・儀式:

10月22日
大礼関係行事・儀式:

9:00~
○即位礼当日賢所大前の儀 (賢所)

○即位礼当日霊殿神殿の奉告の儀
(皇霊殿、神殿)

国事行為:

10月22日

13:00~13:30

◎即位礼正殿の儀(宮殿・松の間)

19:20~22:50

◎饗宴(きょうえん)の儀
(第1日目)(宮殿)

10月23日

18:00~21:00

首相夫婦主催晩餐(ばんさん)会
(ホテルニューオータニ・東京都千代田区)

10月25日

国事行為:

12:00~12:40

◎饗宴(きょうえん)の儀
(第2日目)(宮殿)

10月29日

15:00~15:30

◎饗宴(きょうえん)の儀
(第3日目)(宮殿)

10月31日

15:00~15:40

◎饗宴(きょうえん)の儀
(第4日目)(宮殿)

11月の主な大代わり関連行事・儀式の日程

11月9日
13:30~18:40

天皇陛下御即位を御祝いする国民祭典
(皇居外苑、内堀通り、皇居前広場)

11月10日

国事行為:
15:00~15:30

◎祝賀御列(おんれつ)の儀
(宮殿~赤坂御用地)

11月14日

大礼関係行事・儀式:

18:30~
○大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀
『悠紀殿供饌(きょうせん)の儀』

(皇居・東御苑)

11月15日

大礼関係行事・儀式:

0:30~
○大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀
『主基殿供饌の儀』

(皇居・東御苑)

11月16日

大礼関係行事・儀式:

12:00~
○大饗(だいきょう)の儀(第1日目)
(宮殿)

11月18日

大礼関係行事・儀式:

12:00~
○大饗(だいきょう)の儀(第2日目)
(宮殿)

11月22日・23日

大礼関係行事・儀式:

○親謁(しんえつ)の儀
(伊勢神宮・三重県伊勢市)

11月17日

大礼関係行事・儀式:

○親謁(しんえつ)の儀

(神武天皇陵・奈良県橿原市)
(孝明天皇陵・京都市)

11月28日

大礼関係行事・儀式:

○親謁(しんえつ)の儀
○茶会

(明治天皇陵・京都市)
(京都御所・京都市)

12月の主な大代わり関連行事・儀式の日程

12月3日

大礼関係行事・儀式:

○親謁(しんえつ)の儀
(昭和天皇陵、大正天皇陵:東京都八王子市)

12月4日

大礼関係行事・儀式:
○親謁(しんえつ)の儀
(賢所、皇霊殿、神殿)

令和2年
4月19日

国事行事:

◎立皇嗣(りっこうし)の礼

(宮殿)

10月22日は、天皇陛下が即位を国内外に宣明される「即位の礼」の中心儀式「即位礼正殿の儀」が皇居・宮殿「松の間」で行われます。
同日の天皇、皇后両陛下は海外からの賓客らを招いた「饗宴(きょうえん)の儀」は4日間あり、それにも臨まれるようですね。

「即位礼正殿の儀」の日程と場所

皇室の儀礼

「即位礼正殿の儀」は10月22日13:00~13:30に行われます。
儀式が行われるのは宮殿で最も格式の高い「松の間」

上皇さまの譲位により、5月1日に第126代天皇に即位された天皇陛下。
儀式は、皇室の伝統に根ざしながら、現代的な工夫も取り入れられて挙行される。

産経新聞によると

陛下が玉座「高御座(たかみくら)」でお言葉を述べられる。皇后さまは高御座の隣の「御帳台(みちょうだい)」に立たれ、成年皇族方もご陪席。
安倍晋三首相は「寿詞(よごと)」と呼ばれる祝辞を述べる。

 儀式には17日現在で約2千人から参列の連絡があった。
国内の各界からはプロ野球ソフトバンクホークス球団会長の王貞治氏や、元号「令和」の考案者とみられている中西進氏ら約1600人が参列。
海外からは英国のチャールズ皇太子など皇室とゆかりがある王室をはじめ、170を超える国や機関の首脳ら約400人が参列する予定。

高御座と御帳台

蓋(てんがい)もある高御座の高さは約6・5メートル、重さ約8トン。御帳台とあわせて、約3千の部品からなる。麒麟(きりん)や鳳凰(ほうおう)が描かれた台座の上に、八角形の床板を2段に重ね、周囲を朱色の欄干(らんかん)がめぐらされている。八角形の天蓋の頂上と外周に飾られた計9羽の鳳凰が金色に輝く。

産経新聞のサイトで「即位礼正殿の儀」の内容が詳しく説明されています。
産経新聞/歴史伝える「即位礼正殿の儀」・2019.10.21 11:20

こちらは、首相官邸のホームページから、即位礼正殿の儀の細目についてPDFがご覧になれます。
首相官邸/即位礼正殿の儀の細目についてPDF

即位正殿の儀

松の間の前には、昭和まで即位式が行われた京都御所の正殿「紫宸殿(ししんでん)」を模して、18段の大階段が設置され、中庭に皇室の歴史を感じさせる調度品が並ぶ。両側に色鮮やかな、のぼり旗が計26本立つほか、伝統楽器が飾られ、古装束姿の職員らが参列する。

 宮殿内には、約2千人の賓客が両陛下の姿を見られるように、大小のモニター30台が設置される。モニターは薄型となり、平成のときより15台増えた。

 宮内庁幹部は「最新の映像技術で、両陛下の姿を詳しくみてもらいたい」と話している。

「即位礼正殿の儀」は孝明天皇(第121代)の即位礼のからの伝統的な儀式です。
皇室の長い歴史を伝える装束や調度品で華やかに彩られます。
天皇皇后両陛下のお召になるお着物はどんなに豪華なのかと、気になりますね。

服装が首相官邸のホームページから、「即位礼正殿の儀の細目いついて」で紹介されています。



「即位礼正殿の儀」の服装

令和「即位礼正殿の儀」の服装は以下のようになっています。

1 天皇陛下
御束帯(黄櫨染御袍)
2 皇后陛下
御五衣・御唐衣・御裳
3 皇嗣殿下
束帯(黄丹袍、帯剣)
4 皇嗣妃殿下
五衣・唐衣・裳
5 親王殿下
束帯(帯剣)(これにより難い場合には、燕尾服(勲章着用)とする。)
6 親王妃殿下、内親王殿下及び女王殿下
五衣・唐衣・裳(これにより難い場合には、ロングドレス(勲章着用)とする。)
7 宮内庁長官、宮内庁次長、侍従長、侍従次長、侍従、皇嗣職大夫、皇嗣職宮務官長、式部官長及び式部副長
束帯
8 女官長及び女官
五衣・唐衣・裳
9 威儀の者及び衛門
束帯(帯剣、弓)
10 威儀物捧持者、司鉦司鼓及び鉦鼓の係員
束帯
11 参列者
男子 燕尾服、モーニングコート、紋付羽織袴又はこれらに相当するもの
女子 ロングドレス、デイドレス、白襟紋付又はこれらに相当するもの
勲章着用

束帯や十二単(ひとえ)を着用した皇族方が並ばれ、三権の長らも定められた位置につくと、午後1時、黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)に身を包んだ陛下が、歴代天皇に伝わる三種の神器のうち天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)の複製品と八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、公務で使われる天皇の印章「御璽(ぎょじ)」、国の印章「国璽(こくじ)」とともに、「高御座(たかみくら)」と呼ばれる玉座に昇段される。

こちらは、天皇即位の礼】22日の「即位礼正殿の儀」の交通規制についての記事です。
あわせて、ご覧ください。

関連記事:
【天皇即位の礼】22日の「即位礼正殿の儀」の交通規制はどうなっているの?期間・時間と場所は?



「天皇即位の礼・祝賀御列」パレード・の日程とルート

パレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」は台風19号の甚大な被害を考慮して来月10日に延期となりました。
国民に広く御即位を披露され、祝福を受けられるため、天皇皇后両陛下のパレードを行います。

11月10日(日)午後3時に皇居・宮殿を御出発になり、おおむね午後3時半に赤坂御所に御到着になる予定です。
パレード当日は、混雑が予想されますので、公共交通機関をご利用ください。

両陛下が乗られたオープンカーが皇居から赤坂御所までの4・6キロをパレードされます。

こちらは、ライブドアニュースのツイートで、祝賀御列の儀】天皇陛下即位パレードの車が完成 センチュリーを改造した内容が投稿されています。

パレードのルート
(政府広報オンラインより抜粋)

ANNnewsCH・両陛下が「即位礼正殿の儀」習礼 台風被害に心痛め(19/10/15)の動画



「饗宴の儀」の日程と場所

国事行為としての「饗宴の儀」には、宮殿において「即位礼正殿の儀」に参列した海外の賓客らが招かれるます。
22日、25日、29日、31日に行われ、国内関係者や各国大使らが出席されます。

両陛下が海外の要人の方々とご挨拶される様子や提供されるお料理などが報じられそうですね。
また、英語が堪能な雅子さまの外交の様子も注目のようですよ。

NEWS ポストセブンによると

「『饗宴の儀』とは、儀式が一段落して、200近い国々から招いた賓客や国内の代表者たちをお食事や舞楽でもてなす晴れやかな祝宴です。4回に分けて行われ、天皇陛下のおことばや、内閣総理大臣のお祝いの言葉などが予定されています」
饗宴の儀は22日だけでなく、25日、29日、31日の4日間の計4回開かれる。
平成の時は、昼と夜に4日間開催し、計7回行われたが、両陛下が「過酷な日程だった」と振り返られたことから、今回は雅子さまの体調も考慮して1日1回の計4回に変更され、内容も簡素化された。招待客も平成の時の2900人から2600人と大幅に絞られる見通しだ。皇室研究者の高森明勅(あきのり)さんが話す。

「前回はすべて着席だったのが、今回は立食形式も含まれるようになりました。時間が短縮された方が雅子さまのご負担が減りますし、参列者との距離感もより近づくのではないでしょうか」
「ふるまわれる料理は正式発表されていませんが、宮中晩餐会では原則、フランス料理がふるまわれます。しかし、平成の饗宴の儀では、あまりに出席者が多すぎたため和食での提供になりました。

「5月にトランプ米大統領夫妻が国賓として来日した際、英語が堪能な雅子さまの外交力が話題になりました。でも実はあの時、トランプ大統領夫妻は不必要なほど緊張していました。

 その様子を察した両陛下は緊張をほぐそうとしておられました。雅子さまも、トランプ夫人のことを事前に調べておられたようで、共通の話題で迎えられたと聞いています。語学力はもちろん、そのお心遣いは印象的でした。今回、アメリカからはイレーン・チャオ運輸長官が出席予定で、ゲストも多いため、一人ひとりにきめ細やかな対応は難しいでしょう。しかし、国の象徴として国際社会に対するお姿を示されるところをぜひ注目してほしい」

平成天皇「饗宴の儀」
(NEWS ポストセブンより抜粋)

参考サイト:
NEWS ポストセブン
NEWS ポストセブン/4回開催の「饗宴の儀」 平成は和食に、令和はどうなる?

平成の「饗宴の儀」の献立

平成の時の「饗宴の儀」の献立は以下でした。

【前菜】
かすごタイ姿焼き、エビ鉄扇、アワビ塩蒸し、ユリ根、カモ錦焼き、黄ユズ釜、篠アンキモ、栗、チシャトウ

【酢の物】
魚介酢漬け(スモークサーモン、ホタテ貝、ヒラメ、ワカサギ)

【焼き物】
牛肉アスパラガス巻き、ブロッコリー、生シイタケ、小タマネギ、小トマト

【温物】
茶碗蒸し(ふかひれ、マイタケ、三つ葉)

【揚げ物】
三色揚げ(カニ、キス、若鶏、紅葉ふ、クワイ、ギンナン、松葉そば)

【かやく飯】
タイそぼろ、タケノコ、シイタケ、カンピョウ、錦糸タマゴ、紅ショウガ

【吸い物】
伊勢エビ葛打ち、マツタケ、メカブ、

【果物】
マスクメロン、パパイヤ、イチゴのシロップがけ

【菓子】
和菓子二種

【飲み物】
ワイン(白=コルトン・シャルルマーニュ 1985、赤=シャトー・ラヒット・ロートシルト 1978)、清酒、日本茶、ミネラルウォーター

※女性セブン2019年10月31日号

大嘗祭の日程と場所

TBS NEWS・即位の舞台「大嘗宮」 一般公開への動画

10月14日と15日は
陛下が五穀豊穣(ほうじょう)と国民の安寧を祈られる一世一度の祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」の中心的儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」が行われます。

「大嘗宮の儀」は同14、15日、皇居・東御苑で挙行。
建設中の「大嘗宮」で14日午後6時半から「悠紀殿供饌(ゆきでんきょうせん)の儀」が、翌15日午前0時半から「主基(すき)殿供饌の儀」が行われ、陛下が今年収穫したコメを神々に供え、自らも食される。

時事通信トレンドニュース・皇居で急ピッチに進む大嘗宮建設



▲ 目次に戻る

即位礼正殿の儀のインターネット・ライブ中継

政府広報公式サイトによれば、「即位礼正殿の儀」の模様を「政府インターネットテレビ」、「YouTube首相官邸チャンネル」にてライブ中継します。
尚、アクセスの集中などにより視聴しづらい場合があたり
スマートフォン・タブレットでご覧の方はブラウザによっては視聴できない場合があるようですね。

即位礼正殿の儀の模様は、10月22日(火)12:50頃から中継の予定です。
政府広報オンライン

また、首相官邸のYouTube公式チャンネルにおいても中継を行っています。
You Tube首相官邸チャンネル

政府広報公式サイト:
政府広報オンライン公式サイト

ニコニコニュースでも13時から生中継されるようですね。



まとめ

  • 「天皇即位の礼」スケジュール
  • 注目の儀式の場所と時間について
  • インターネット中継情報

について調べたことをお伝えしました。

こちらは、天皇即位の礼】22日の「即位礼正殿の儀」の交通規制についての記事です。
あわせて、ご覧ください。

関連記事:
【天皇即位の礼】22日の「即位礼正殿の儀」の交通規制はどうなっているの?期間・時間と場所は?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA