台風19号の被災者に必要モノまとめ!り災証明書申請や支援金・給水情報・ボランティアについても紹介

建物崩壊

台風19号では、列島に甚大な被害をもたらしました。

ここでは、以下の説明をしています。

  • 被災者に必要なモノは何か?
  • り災証明書について
  • 各種支援金について

各種支援金をもらうために、被災した住宅を片付ける前に写真をとっておきましょう。

こちらは、首相官邸・被災者応援情報のツイートです。


こちらは、首相官邸のサイトで、被災した県ごとの支援新着情報がを見ることができます。
首相官邸/被災されている皆様へ
令和元年台風第19号災害対策特設ページ

こちらは、台風19号の関連記事です。
あわせて、ご覧ください。

◎台風19号 国土交通省・全国7県 堤防決壊は52河川73か所!カメラの緊迫の瞬間と二次被害も紹介の記事:
台風19号 国土交通省・全国7県 堤防決壊は52河川73か所!カメラの緊迫の瞬間と二次被害も紹介

◎台風19号【福島・阿武隈川が氾濫】堤防決壊で住宅多数が浸水!避難・自衛隊情報も紹介の記事:
台風19号【福島・阿武隈川が氾濫】堤防決壊で住宅多数が浸水!避難・自衛隊情報も紹介



被災者に必要なモノ

ここでは、メディアやツイッターから、被災者に必要なモノについてまとめています。
コンビニが浸水したり、物資が届かないので日用品がなかなか手にはいらないようです。

情報

  • テレビ
  • 確かな情報が欲しい。
    水害の様子で、家の周りがどうなっているのか知りたい。
    ペットは大丈夫なのかと心配。
    壊滅的だと思いつつも、出荷前のりんごや、田んぼはどうなのかと心配。

衛生面

  • ゴミ袋
  • ゴミ収集してほしい。
    匂いが気になる。

  • マスク
  • キレイなトイレ
  • 洗濯をしたい
  • お風呂に入りたい

避難所の環境

公民館や体育館では、冷たくて硬い床にシートを敷いてある状態。

  • ダンボール
  • 床へダンボールを敷けば、身体の痛みを和らげそう。
    プライバシーが守られないので仕切りに使いたい。

  • 暖房器具
  • 支給された毛布や、ホッカイロを使っているが夜間は寒い。

日用品

大きな避難所には、そろいつつあるのですが
孤立した避難所などは必要かと思われます。

  • 靴下
  • 歯ブラシ
  • 飲料水
  • ボックスティッシュ

大人の支援者に必要なもの

  • 大人用紙おむつ
  • 常備薬
  • 避難で慌てているので、普段に飲んでいる内服薬を持ってこなかた人も。

こどもに必要なもの

  • ベビーフーズ


▲ 目次に戻る

被災した場所に必要なもの

浸水の片付けに取り掛かるには、作業用の物資が不足しているようです。

        

  • 作業用手袋
  • マスク
  • ホコリを吸わないため。

  • ゴーグルやメガネ
  • ホコリが目に入らないため。

  • 長靴・カッパ
  • 片付けをするボランティアなどの人手
  • ゴミ袋
  • 洗濯してあるタオル
  • 次亜塩素酸(ハイター)
  • 家屋の食器の衛生のため。

▲ 目次に戻る

り災証明書発行について

10月15日から罹災(りさい)証明書の申請が始まる自治体もあります。
被災状況によっては、準備ができ次第WEBサイトでり災証明書が発行されることもあります。

り災証明は各種支援制度などの申請の際、必要となる重要な書類です。
なお、り災証明は、現地調査等が必要となる場合があることから即日交付はできません。

こちらは、ウェザーニュースでのり災証明書について紹介されています。

り災証明書を発行するために必要な写真

罹災証明書の発行のために
(ウェザーニュースより抜粋)

被害程度には、全壊、大規模半壊、半壊、一部損壊、床上浸水、床下浸水、全焼、半焼などがあります。
損害の程度を証明するために、デジカメ、スマホ、携帯電話などで撮影した写真が重要なのです。

  1. 建物の全景を撮る
  2. ▼遠景で建物の4面を撮影します

  3. 浸水した深さを撮る
  4. ▼メジャーを使って水が浸かった深さを測定
    ▼測定場所がわかるように遠景を撮影
    ▼メジャーの目盛りがわかるように近景も撮影

  5. 被害箇所を撮る
  6. ▼被害箇所ごとに遠景と近景の2枚セットで撮る(被害箇所がわかるように指を差して撮るとよい)
    ▼主な被害箇所は、外壁/屋根・基礎・内壁・天井・床・ドア・ふすま・窓・キッチン・浴室・トイレなど

こうして撮影した写真を「り災証明申請書」に添えて市町村に提出すると、市町村の担当者が現地調査を行います。
その結果、「り災証明書」が発行されると支援制度が受けられます。

※写真が用意できない場合でも、り災状況のわかる詳細な見積書などでも代替は可能となります。

り災証明の申請に必要な書類

  1. り災証明申請書
  2. り災状況がわかる写真

参考サイト:
内閣府防災のサイトでは、罹災証明書の概要の説明をPDFでみることができます。
内閣府防災情報のページ

カーネクストのサイトでは、車のり災証明書の発行方法について説明されています。
カーネクスト・車が災害で廃車になっちゃった!?その後の手続きや気になる保険について解説!

こちらは、千曲市のサイトで、り災証明申請の受付の場所の変更や、り災証明書の種類
についても紹介されています。
千曲市/台風第19号に伴う罹災証明(届出証明)申請の申請受付窓口の場所を変更します・2019年10月25日

こちらは、岡山弁護士会による「被災者生活再建ノート」です。
被災された方への公的支援制度を確認したり、お金や住まいの悩みや、健康、医療や日常生活支援のについての記入用紙などが紹介されています。
被災者生活再建ノート

▲ 目次に戻る

各種の支援金が支給される

被災者に対する支援制度のひとつ、「被災者生活再建支援制度」は、居住する住宅が全壊するなど、生活基盤に著しい被害を受けた人を対象。
次の2つの支援金の合計額が支給されます。

  • 基礎支援金
  • 加算支援金

「被災者生活再建支援制度」は国の支援制度ですが、都道府県や市町村が独自に支援制度を設け、支援金の支給だけでなく、貸付制度を利用できることがあります。

また、火災保険や地震保険などの保険金を請求するときも「り災証明書」が必要になります。被害を受けた住宅を片付ける前に、被害状況がわかる写真を撮影してください。

基礎支援金

全壊:100万円
大規模半壊:50万円

加算支援金

建設・購入:200万円
補修:100万円、賃借:50万円

国民年金保険料が免除

被災され、保険料を納付することが著しく困難であるときは、申請により国民年金保険料の免除、厚生年金保険料の猶予を受けることができます。
住宅、家財又はその他の財産について概ね2分の1以上の損害を受けられた場合は、申請に基づいて国民年金保険料が免除になります。
お近くの年金事務所にご相談ください。

参考サイト:
日本年金機構の公式サイト
日本年金機構



住宅浸水被害からの生活再建

ここでは、住宅浸水からの復旧について行う作業の手引を紹介します。

こちらでは、水害にあたときの生活再建の手引がご覧になれます。
被災者やボランティアの方々は知っておくといいです。
水害があったときに

住宅浸水後の作業の注意すること

被害状況を撮影
各機関へ連絡
被害認定の目安
濡れてしまったものを方付ける1
濡れてしまったものを方付ける2
床下の掃除乾燥1
床下消毒
掃除の服装
電気ブレーカー
水とガス

上記は、震災がつなぐ全国ネットワークのサイトを参考にしています。
被災したときの手引を冊子で紹介されています。WEB版でダウンロードできます。
参考サイト:
震災がつなぐ全国ネットワーク

浸水した家屋の感染対策

参考サイト:NHK WEB NEWS
NHK WEB NEWS/浸水住宅は感染症に注意 マスクや長袖 手袋の用意を/2019年10月14日 20時59分

土砂災害で流出したガスボンベは、むやみに触らずにボンベ表示の事業者などに通報しよう!

世田谷区の取り組み

復旧作業の本格化に備え、被災地の自治体が取り組みを始めていています。
このうちおよそ160棟が浸水した東京 世田谷区は可能な範囲での消毒作業を無料で行うとしていて、世田谷保健所で相談を受け付けます。

栃木県佐野市の取り組み

広い範囲で住宅が浸水した栃木県佐野市は、消毒のための薬剤がすでに不足している状況だとして、薬剤を提供できる企業などに支援を呼びかけています。

参考サイト:
NHK WEB NEWS/2019年10月14日 20時59分



▲ 目次に戻る

福島県社会福祉協議会で災害対策本部設置

2019.10.14 18:00更新
福島県社会福祉協議会では、台風19号による被害に対応するため、10月13日に「災害対策本部」を設置しました。

福島県社会福祉協議会・災害ボランティア情報

郡山市の被災者への取り組み

1 り災証明書の発行

2 見舞金・貸付金

災害見舞金
被災者生活再建支援制度
災害援護資金貸付金
3 税金・国民健康保険料等

市税等の減免
国民年金保険料の免除
後期高齢者医療保険料の減免
4 子育て・教育

保育所世帯等利用世帯への支援
就学援助
5 上下水道・住宅・道路

水道料金の減免
下水道使用料・農業集落排水施設使用料の減免
止水板設置等工事に関する補助
仮換地に係る証明手数料等の減免
市営住宅への仮入居
住宅の応急処理(災害救助法)
土のう袋の配布
6 産業・農業

中小企業者災害対策資金融資
農業等災害対策
農業災害に係る資金の貸付
農地・山林災害の対策や相談
7 衛生・健康・水害ごみ

浸水家屋の消毒・石灰石の配布
保健師による健康相談
水害ごみ取り扱い

郡山市公式サイト:
郡山市

郡山市・台風19号に係る各種支援制度

水戸市の給水・ゴミ収集の取り組み

水戸市国井町のJAグループ茨城教育センター付近臨時駐車場で給水を実施している。
15日も同じ場所で午前6時から開設する。終了時間は利用状況などを見て検討する。

水を持ち帰る容器は持参する。
大きな容器がない場合は、丈夫な段ボールに大きめのポリ袋をいれても代用できるという。

 問い合わせは市水道総務課(029・231・4115)へ。

こちらは、水戸市公式サイトで給水拠点マップで飲料水とトラックなどで運搬してきた飲料水を配布する「仮設給水所」についても説明されています。
水戸市/給水拠点マップ

台風19号の水害により発生した家具、畳などのゴミは道路沿いに出す。 後日、市が収集する。
問い合わせ先:ゴミ対策課(TEL 029-232-9114)
水戸市公式サイト:
水戸市・災害ごみ収集等について

ボランティア:
10月14日、水戸市災害ボランティアセンターを開設。
※ボランティアの募集については後日お知らせ。

<ボランティアを依頼する場合>
依頼方法:電話または直接災害ボランティアセンターへ
受付時間:10月15日~、9時~15時

問い合わせ:
10月15日、16日・・・水戸市社会福祉協議会(水戸市赤塚1-1(MIOS内)、TEL 029-309-5001、FAX 029-309-5525)

10月17日~・・・水戸市老人福祉センター長者山荘内(水戸市渡里町3201-3)、TEL 029-228-0723、FAX 029-228-0724)

水戸経済新聞では

水戸市、ひたちなか市、笠間市、那珂市、城里町、大洗町、茨城町、茨城県北エリアの

ゴミの受け入れ、通行止めやボランティア依頼する方法についても紹介しています。

水戸経済新聞

朝日新聞 映像報道部のツイートで、排水作業も行われている報告がされています。

宮城県・丸森町の給水の取り組み

10月15日13時から各まちづくりセンターなどで給水。

丸森町では、給水と断水情報・災害関連メールを(配信希望者)配信されています。

いわき市の給水の取り組み

こちらは、いわき支援マップで、給水所、民間の給水所、入浴施設について紹介されています。
いわき支援マップ

いわき市の給水に関する
お問い合わせ:
水道局 営業課 管理係
電話番号:0246-22-9303
ファクス番号:0246-22-1434

いわき市の入浴情報

東北方面の自衛隊よる支援各種

東北方面隊は、本日も各地で 給水支援 、入浴支援。 給食支援 を実施しています。
10月23日夕から、宮城県角田市総合福祉センターにおいて給食支援を開始します。

自衛隊の入浴支援



▲ 目次に戻る

長野県の給水活動

断水になっている地域での給水活動が始まっています。
こちらは、長野県の東御市役所からのお知らせのツイート。

長野市社会福祉協議会の災害ボランティアセンター開設

長野市災害ボランティアセンターが開設されました。
ボランティアによるお手伝いを希望される方は下記までお問い合わせください。

tel 0262-27-3707

尚、長野市以外の県内のボランティアの受け入れについては、長野県社会福祉協議会(まちづくり・ボランティアセンター:TEL 026-226-1882)にお問い合わせください。



長野県内のボランティア情報

長野市松代町温泉団地のボランティア募集

ふるさと納税緊急支援募金開始

ふるさと納税サイトでは、台風19号被害緊急支援募金が開始されました。

ふるさと納税を活用して、台風19号の被害を受けた自治体を支援することができます。
返礼品をご希望されない寄付をお申込みの場合、お申し込み金額の全額が同自治体に届けられます。ご寄付後、自治体から寄付金受領証明書が発行されます。

※皆様の善意をそのままにお届けいたします。返礼品をご希望されない寄付をお申し込みの場合、さとふるが同自治体から手数料を得ることはありません。
※1,000円より1円単位で指定した金額をご寄付頂けます。
※控除適用条件、上限額等はふるさと納税と同様です。 寄付金額が2,000円以下の場合は、寄付金控除の適用外となります。
※寄付先自治体の状況により、通常時よりも寄付金受領証明書の送付時期が遅くなる可能性があります。あらかじめご了承ください。

ふるさと納税公式サイト:
ふるさと納税サイト



まとめ

  • 被災者に必要なモノは何か?
  • 避難所で考えられる感染症と予防方法は?

についてお伝えしました。

被災者の方々は、「まさか自分にこんなことがあるとは思わなかった。」という戸惑いと悲観的な気持ちを受け入れて
次のステップへ向かうための気持ちの整理をしている最中にあります。
ボランティアの炊き出しが始まり、嬉しい気持ちになったと言っていました。

また、もとの生活に戻るためには、やはりお金が必要とのことでした。

モノ・ヒト・情報・支援金と多くの支援が必要です。

こちらは、長野県防災のツイートからのメッセージ。

10月13日に行われた、菅官房長官会見の動画についてのツイート。

讀賣新聞によると

政府は13日午前、台風19号の関係閣僚会議を首相官邸で開いた。安倍首相は「極めて広範囲にわたる甚大な被害を踏まえ、本日、非常災害対策本部を設置する」と述べた。長野、福島両県に情報先遣チームを派遣し、被災自治体と連携して情報収集に当たる考えも示した。

 首相は、「警察、消防、海上保安庁に自衛隊2万7000人も加わり、救命救助活動や安否不明者の捜索、避難誘導に全力であたっているところだが、必要に応じて態勢を機動的に強化する」と語った。

参考サイト
讀賣新聞/極めて広範囲、甚大な被害…政府が非常災害対策本部を設置/2019/10/13 11:21

まだまだ、被災者支援には不足しているものがあるはずです。
ご意見を、「お問い合わせ」から送ってください。

こちらは、台風19号の関連記事です。
あわせて、ご覧ください。

◎台風19号 国土交通省・全国7県 堤防決壊は52河川73か所!カメラの緊迫の瞬間と二次被害も紹介の記事:
台風19号 国土交通省・全国7県 堤防決壊は52河川73か所!カメラの緊迫の瞬間と二次被害も紹介

◎台風19号【福島・阿武隈川が氾濫】堤防決壊で住宅多数が浸水!避難・自衛隊情報も紹介の記事:
台風19号【福島・阿武隈川が氾濫】堤防決壊で住宅多数が浸水!避難・自衛隊情報も紹介



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA