クラブ

女優の沢尻エリカ被告(33)が6日、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈さました。
東京地裁が同日、沢尻被告の保釈を認める決定をし、
沢尻被告側が保証金500万円を納付したそうです。

ここでは

  • 沢尻エリカが逮捕される前の六本木クラブでの写真
  • 隣の男性はだれなのか予想
  • ツイッターの反響の声

をお伝えします。

沢尻エリカのコメント全文。
沢尻エリカの全文

\ 沢尻エリカの関連記事もあわせてご覧ください・こちらをクリック /

[kanren postid=”10617″]

六本木クラブ・沢尻の隣の男性はだれ?

ライブドアニュースでは以下に報じてます。

写真が撮られたのは5年前のことだという。

 Xは日本アカデミー賞受賞歴もある実力派の大物俳優だが、かねてクスリの噂が絶えなかった。本紙は昨夏、薬物強制捜査情報を1面で報じた。

 一方のZ周辺にも、そのテの噂がある同業者は多い。かつてMDMAやコカインといった複数の薬物絡みの事件で逮捕、起訴され、実刑判決を受けた“身内”もいる。

 現在発売中の「実話ナックルズ」1月号に、クラブのVIPルームで撮られたという、沢尻容疑者のご乱行写真が大量掲載されている。

 ここにも一緒の男友達にしなだれかかったり抱きついたりして、メディアではこれまで見せたこともない“ヘン顔”をさらしている。何を摂取してここまでブッ飛んでいるのかは不明だが、単なる酔っ払いでないことは前出のクラブ関係者も指摘している。

 一方で、沢尻容疑者を逮捕した警視庁組織犯罪対策5課(組対5課)とはライバル関係にある、厚労省麻薬取締部(通称マトリ)が追っている芸能人に関する情報を本紙は1面で報じた。折しも沢尻が逮捕される3日前のことだ。

「極秘内偵リスト」に名前があるお笑い芸人、人気モデル、大物歌手が見出しになったが、記事ではマトリが最近、複数の大物女優を内偵していたがうまくいかなかったことにも触れている。

 この本紙報道が「警視庁を沢尻逮捕に動かしたかも」とみる警察OBはこう話す。

「記事に出てくる本人かどうかはともかく、身に覚えのある芸能人があんな記事を見て『自分のことかも』と思ったら、そりゃ怪しい行動は控えるだろ? 若い女優じゃ夕刊紙なんか読まないだろうが、ネットのニュースで本人の目に触れないとも限らない。そうなってブツを処分される前に、組対5課がいつでもイケるとこまで追い詰めた沢尻の逮捕に踏み切った可能性がある。組対5課とマトリの捜査対象は結構カブるしね」

ライブドアニュースより引用
沢尻エリカ容疑者と大物俳優の激ヤバ“ご乱行現場”公開!

俳優Xって窪塚洋介に見えるというツイート

確かに、そのように思い浮かびますね。

ファッションが同じようです。

窪塚洋介の巻いているタイルは窪塚洋介のオフィシャルグッズの卍LINEタオルと一致してますね。

モンジラインタオル

東スポは、
Xは薬物疑惑が絶えないと報じ、以下にも報じました

ここにも一緒の男友達にしなだれかかったり抱きついたりして、メディアではこれまで見せたこともない“ヘン顔”をさらしている。
何を摂取してここまでブッ飛んでいるのかは不明だが、単なる酔っ払いでないことは前出のクラブ関係者も指摘している。



六本木クラブでの沢尻エリカの姿がヤバイ

2011年くらいから、沢尻は暴力団幹部と同席のスクープが出ていました。
薬物の入手もそのあたりかもしれません。

また、沢尻のこの写真の表情は薬物によるものなのか?と
ネットで反響がありました。

羽目を外すにしてもね・・・



まとめ

沢尻エリカの保釈の時のコメントを見ると
今回の逮捕のきっかけとなった人間関係を見直すとありました。

薬物を繰り返すことなく、保釈後の都内の精神科へ入院で

自分の姿を振り返るには、専門のスタッフ、カウンセラー、家族の支援をうけながら

自分自身を見つめる作業から始まります。

女優人生をかけた「麒麟がくる」の大河ドラマでしたが

結果的に多くの方々へ迷惑をかけたとコメントされてます。

謝罪の気持ちと共に、今度は回復へ向けてほしいですね。

\ 沢尻エリカの関連記事もあわせてご覧ください・こちらをクリック /

[kanren postid=”10617″]