佐々木朗希(ろうき)投手はメジャー評価が高いの?最高最速球を大谷翔平と比較

佐々木朗希投手

8月15日、第29回WBSC U18(18歳以下)ワールドカップ(30日開幕、韓国・機張=キジャン)に出場する高校日本代表に、大船渡の佐々木朗希投手(3年)の選出が決定的であるとスポーツ関係のメディアで報じられていました。

U-18ワールドカップでは、初めて球数制限が導入されることが決まっており、岩手大会で慎重に登板を重ねた同投手も全力で臨める環境が整った。
佐々木投手が、侍エースも決定的だそうです。

参考サイト:
スポニチ/2019.8.16/大船渡・佐々木、侍エース決定的!30日開幕U18W杯「球数制限」も追い風

かつて、2019年4月に行われたU-18W杯の研修合宿で、高校生最速163キロを投げ、一気に注目の的になった佐々木朗希投手。
国内での注目度はうなぎ上りですが、メジャー評はどうなっているのでしょう。
佐々木投手はメジャーでも通用するのか、とても気になるところですね。

ここでは

  • 佐々木朗希投手のメジャー評価は?
  • 大谷翔平選手との比較
  • これからの進路はどうなるのか?

それらを調べたのでお伝えしていきますね。

スポニチ佐々木朗希

佐々木朗希投手のメジャー評価まとめ

ここでは、メディアで取り上げられた、佐々木投手に対するスカウト関係者のコメントをお伝えしますね。

日本のスカウト関係者の評価

こちらは、8月16日でのスポニチの一面を見たツイートで、佐々木朗希のU18ワールドカップに向けた代表選考について関係者が佐々木投手を選ばないわけがないと述べたと投稿されています。

7月18日高校野球岩手大会が花巻球場で行われ、一戸対大船渡の試合では、0-10で大船渡が勝ちました。
佐々木投手は、6回まで無安打無得点で一戸を破っていたのです。
その時の試合は、日米13球団27人のスカウト関係者の視線を釘付けにしました。
以下にスカウト関係者のコメントをまとめました。

【スカウト関係者のコメント】

  • フィリーズ大慈弥環太平洋担当部長
  • 今すぐにでもメジャーに行ってほしい。将来はサイ・ヤング賞が取れるだけの投手。

  • 楽天後関スカウト部長
  • 要所ではしっかり低く決まる。ちょっと力を入れたら150キロを超えてしまうのが本当にすごい。

  • ロッテ松本球団本部長兼編成部長
  • 初めて見ましたが、ものが違う。すぐに1軍で放れる可能性がある。
    1位指名? (球団として)まだそこまでは言えないですけど、間違いなくドラフト1位で指名される投手です。

  • オリックス中川スカウトグループ長
  • 相変わらず素材はピカイチ。まだまだ余力がありそう。もちろん高く評価しています。

  • 西武渡辺久GM
  • 大学・社会人を入れても(力が)抜けている。1位指名? それはまだこれから。まだ秋もあるので。

  • 阪神和田TA
  • 投手としていろいろなことを察知しながら投げている。変化球のキレもいいし、コントロールもいい。一級品だよ。

こちらは、2019年7月18日の日刊スポーツのサイトで、日本のスカウト関係者のコメントがまとめられています。

参考サイト:
日刊スポーツ2019年7月18日/「今すぐにでもメジャーに」/佐々木朗希スカウト評

佐々木朗希 海外の反応

2019年4月に行なわれた高校野球U-18の合宿では、高校生史上最速となる163キロを記録した佐々木投手です。
日本のみならずメジャーのスカウトも視察に訪れていたようです。

ここでは、2019.5.26のweb Sportiva Love Sportsで報じられたものをまとめました。
佐々木投手の映像をメジャーでプレーする選手、関係者に見せて、感想をもらった内容が記載されていました。

参考サイト:
web Sportiva Love Sports2019.5.26/メジャーの怪物投手たちも佐々木朗希を絶賛「5年後が末恐ろしい」

  • トレイ・ヒルマン(元日本ハム監督、現マイアミ・マーリンズコーチ)
  • 佐々木投手の剛速球は、「えげつない球」
    「えげつない球。フォームがきれいで、スムーズに流れる。しかも腕の振りもいいし、ボールに回転をかける能力も高い。
    あの腕の振りから放たれる速球は、相手が高校生だと不公平だよ。レベルが全然違うんじゃないかな」

  • ジョーダン・ヒックス(セントルイス・カージナルス)
  • 右足の使い方を完璧に理解している。
    「フォームがすごくいい。とくに印象的なのは右足の使い方。
    右投手は、右足の使い方によって力が発揮されるんだ。
    ほとんどの高校生はまだそれを理解していないはずなのに、彼は完璧にそのことをわかっているように見える。
    私は高校生の時、右足の使い方なんてまったく理解していなかった。プロになって少ししてからやっとわかるようになった
    佐々木を見たら、僕が高校を出て2年後に覚えたことを、現時点ですでに理解している印象だね。技術も理解力も高いと思う。」

  • クリス・アーチャー(ピッツバーグ・パイレーツ)
  • 末恐ろしい
    「えぐい……18歳で101マイルを投げるなんて、本当にえぐい。
    5年後にどんなピッチャーになっているのか、末恐ろしいよ」
    「(ピッチングフォームについて)非常にいいです。
    下半身と上半身が連動している。
    とても18歳には思えない。
    動きがスムーズで感動したよ。」

    佐々木投手にアドバイスを送るとしたら?

    「高校生でありながら、そこまで成長しているというのは、一生懸命野球をやってきた証なので、これからもやり続けてほしい。
    アドバイスというより、酷使しないように、指導者がしっかりと彼の成長を見守ってほしいと思います。
    まだ18歳ですし、これからもっと成長するはず。特別な才能を持っていると思うので、長いキャリアを過ごせることを願っています。」

上記の3名とも、佐々木選手について驚きと共に称賛しているようですね。

こちらは、佐々木朗希と投手の球速に関する動画がツイートされていました。

【ロサンゼルス・タイムズ紙が現地26日付の電子版】

2019.7.27のJSPORTS コラム&ニュースによれば、大船渡高校の佐々木朗希に関する特集記事を掲載したそうですね。
速球が100マイルに達することから、「3桁の速球を投げる日本のティーンは次の大谷翔平と題され、エンジェルスで活躍する大谷翔平と比較される形で書かれており、コラムニストのディラン・ヘルナンデス氏により投稿されました。

コラムニストによると
佐々木朗希と大谷翔平の大柄な体型と走力がずば抜けていること、同じ岩手県出身であることの共通点を述べられて
高く足を蹴り上げるワインドアップを使うササキには、オオタニが打撃で見せるような優雅さがあると評していました。

参考サイト:
JSPORTS コラム&ニュース/2019.7.27/大谷翔平、地元紙で大船渡高校の佐々木朗希と比較される

佐々木投手投げる前

メジャースカウトが視察に?なぜ?

アメリカ・メジャーリーグのスカウトが甲子園の視察に訪れているようですね。
佐々木投手に対しては練習試合も、夏の予選試合もチェックしに来ていたようです。
本来、紳士協定によってアメリカのスカウトに日本のドラフト候補生を指名する権利はないはずなのに、なぜでしょうか?

理由として、以下の2点があげられます。

  • スカウトのためのデータ収集
  • 将来故障した時のための証拠集め

こちらは、Asagei Bizの夏の甲子園、指名権のない米スカウトがなぜ視察するのか?記事です。

参考サイト:
Asagei Biz/TOPスポーツ2019年8月6日 6:00
夏の甲子園、指名権のない米スカウトがなぜ視察するのか?

【ヤンキースのアレックス・サンダーランド・スカウトが視察に】

7月22日の日刊スポーツによると
ヤンキースのアレックス・サンダーランド・スカウトが視察し、「球団の規定で選手についてのコメントはできない」とし、自己計測した球速も「言えません」としながら「速かった」と日本語で笑った。
佐々木の国内プロ志望は認知しているものの「いい選手がいれば、そのプレーを確認するのが私の仕事」と盛岡まで駆けつけた、と報じています。

佐々木投手の最速160Kmは、海外でも反応は高いですね。

こちらは、日刊スポーツの7月22日の記事です。

参考サイト:
日刊スポーツ/2019年7月22日6時38分/ヤンキース来た!佐々木朗希を視察「速かった」岩手
 



佐々木朗希と大谷翔平の最高最速球比較

佐々木投手の魅力と言えば、約190㎝の長身から投げられる剛速球です。
4月に行われたU-18W杯の研修合宿で、佐々木投手は高校生最速163キロを投げて一気に注目の的になりました。
それまでの最速記録160キロと、現在日本人最速165キロの記録を持つ大谷翔平と比べられることも多いですね。
ここでは、佐々木投手と大谷投手のプロフィールを交えて最高最速球の比較をしお伝えします。

佐々木朗希 プロフィール

最高球速  163キロ
生年月日  2001年11月3日(17歳)
身長    189㎝
体重    81㎏
出身地   岩手県 陸前高田市
所属高校  大船渡高等学校 3年生

大谷翔平 プロフィール

最高球速  160キロ(高校3年生)→165キロ
生年月日  1994年7月5日(25歳)
身長    193㎝
体重    97㎏
出身地   岩手県 奥州市
所属    ロサンゼルス・エンゼルス
出身校   花巻東高

同じ岩手県出身ということもありますが、こうして見ると二人はよく似ているように感じますね。

佐々木朗希投手は大谷翔平投手を超えられるか

それぞれ、3年生時に高校生史上最速記録をたたき出しています。
大谷翔平選手は、それから更に5キロ球速を伸ばしていますので、同じく発展途上の佐々木投手がこれからどれだけ成長するのか、とても楽しみです!

現在の自己最速記録は、大谷翔平投手は165キロ、佐々木朗希投手は163キロです。
あくまで理論上ですが、人類の投球速度の限界は180キロらしいのです。

筑波大学野球部監督の川村准教授によると
投手の平均球速はプロアマ問わず年々速くなっているのですが、球速が底上げされている要因は、研究による科学的な知見が蓄積されたことで、正しい知識が広まったことだと、述べられています。
160キロという速球は誰にでもだせるものではないがその共通要因は3つあると言われています。

  1. 長身であること。
  2. 体が大きければ腕も長い。
    肩を中心とした投球の際の回転運動は、腕の長さに比例して末端の指先も速く動きます。
    小柄でも速球を投げる投手はいますが、体幹や下半身の動きなどでカバーしているだけで、長身の選手が有利であることは間違いありません。

    佐々木投手は190cm
    大谷投手は193cmです。

  3. 2つ目は『肩甲骨の柔軟性
  4. 投球モーションでは、腕を後ろに引ける範囲が広いほど、リリースまでのボールに力を加える距離、時間が長くなります。
    大谷選手が腰に手を置いた両腕の肘を体の前でくっつけられるように、柔軟性はケガの予防だけでなく高いパフォーマンスにも貢献します。
    一方で過剰な筋力トレーニングは、この柔軟性を阻害します。
    三角筋や僧帽筋など複数の関節にまたがる大きな筋肉が発達しすぎると、それだけで力を賄おうとして、体の連動性が失われるためです。柔軟性と筋力、このバランスは非常に難しいのですね。

  5. 下半身の動きを上半身にもうまく伝えられていること

また、川村准教授は球速を上げるにあたりは、身体へ大きな負担がかかるので、練習量の調整や試合での連投をさせないなどの配慮が必要と述べています。

プロ野球の投手の肘の内側副靭帯には、平均で64Nm(ニュートン)の負担がかかっています。
研究のための遺体を使った実験で、靭帯は34Nmの力で切れることが分かっていますので、既に投手らは限界の2倍ほどの負担を背負っていることになります。
実際に、球速が145キロを超えると故障率が跳ね上がるという研究結果もあります。
理論上は当に限界が来ていますが、ある程度靱帯も適応し、現在も170キロには耐えられることを考えると180キロくらいの球速が限界なのではないでしょうか。
投手の任務はあくまで打者を抑えることです。客観的に数値化できる速球は魅力的ですが、それを目的にしてはいけない。
指導者のレベルが高まっていることで、球速を10キロ上げることは今や難しくない。
しかし体には大きな負担がかかります。
徐々に速球に体を慣らしていくことと、練習量を調整したり、試合で連投させないなどの最大限の配慮をしてほしいですね」

AERA dot.のサイトで「球速180キロが限界か」専門家が大谷翔平を超える夢の剛速球投手誕生を予言 の記事です。

参考サイト:
AERA dot./「球速180キロが限界か」専門家が大谷翔平を超える夢の剛速球投手誕生を予言

こちらは、大谷翔平が決勝前に話した言葉「花巻東と佐々木朗希への思い」について、umberNumer Webが掲載している記事です。

参考サイト:
NumberNumer Web/花巻東と佐々木朗希への思い――。大谷翔平が“決勝前”に話した言葉。

 


▲ 目次に戻る

U-18W杯へ向けて再始動!

第29回WBSC U18(18歳以下)ワールドカップが30日に開幕します。

ここでは、U-18ワールドカップについて、と佐々木投手がそれにむけての準備状況をお伝えします。

U-18W杯とは

隔年で開催される16歳から18歳の各国・地域代表選手で競われる野球の国際大会。各大陸予選を通過した12か国・地域参加により、2019年8月30日から9月8日までの期間、韓国の機張で開催予定です。
甲子園の準決勝後に出場メンバー18人が決まる予定です。

関連サイト:
野球日本代表侍ジャパン/U-18

gooニュース/佐々木朗希、奥川恭伸ら超注目投手など9名をピックアップ!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【投手編】

佐々木選手のU-18の準備

佐々木投手は、岩手大会の決勝戦2日後の27日からすでに練習を再開しています!
その時点からU-18W杯への選出は濃厚とされてましたので、夏休み期間の課外授業も免除され、先を見据えて準備しているようですね。

こちらは、7月30日のYahooニュースで佐々木朗希投手が練習を再開していると言う記事です。

参考サイト:
Yahooニュース/大船渡・佐々木、もう再始動…選出濃厚U―18W杯へ練習再開

取材禁止措置 ドラフト会議まで

前述しましたが、佐々木投手はすでにU-18に向かって再始動しています。
ですが、まだまだ佐々木フィーバーは治まらないようです。
加熱するマスコミやファンによる無用の混乱を避けるため、大船渡高校は佐々木投手への取材をドラフト会議まで原則禁止と決定しました。
佐々木投手には周りの騒ぎに惑わされることなく、存分に練習に励んでもらいたいですね!

こちらは、ライブドアニュースのサイトで、佐々木朗希はドラフトまで原則主催禁止大船渡が対応を協議した内容が報じられています。
参考サイト:
Livedor News/佐々木朗希はドラフトまで原則主催禁止大船渡が対応を協議

こちらは、大船渡高が、岩手大会決勝で出場を回避した件が大きな波紋にになったのを契機に、警察に周辺パトロールの強化を要請したという記事です。

これからの進路は?

8月17日10:00のAsagei Bizのサイトによりと、佐々木朗希投手がプロ入りを躊躇していると報じられました。
岩手県大会決勝戦に登板しなかったことで、その是非が日本中の話題となり、以後、彼の在籍する大船渡高校は「取材拒否」となっています。

佐々木投手ははまだ身体が成長過程にあり、骨密度が成人男性の数値に達していないそうです。
プロスカウトも「即戦力の評価」を改めたが、「大学進学して、自分のペースで体を鍛え上げ、改めてプロ入りを目指すのではないか、とのことです。
国保監督にならい、監督の母校である筑波大学が志望校ではないか。と高校野球の取材ライターは述べています。

国保監督は筑波大学を卒業し、国内クラブチーム、米独立リーグを経て今日に至っている。
また、筑波大学といえば、ソフトバンクの工藤公康監督が現役時代から同大学に学び、投球フォームや練習法を研究してきたことでも知られています。
佐々木がスポーツ科学の最先端を行くとされる同大学に進むことは決して悪いことではないだろうと言及しています。

「野球ファンの間では、国保陽平監督の決断を支持する声のほうが多いようですね。ただし、登板回避を支持する中にも『故障回避のために配慮している部員が佐々木以外にもいるのかどうか。彼を投げさせなかったことがエコ贔屓になっていないか心配』との声もありました」(高校野球の取材ライター)

 佐々木の今後だが、夏の甲子園大会後に開催されるU-18大会に招集される予定。ここで登板すればまた「岩手県大会決勝戦を回避した是非」が再び議論されるかもしれない。

「佐々木はもちろん、国保監督も各方面からそのことを問われ、霹靂しています」(同前)

参考サイト:
TOPスポーツ
スポーツ2019年8月17日 10:00“令和の怪物”大船渡・佐々木に浮上した「進路変更説」

おわりに

U-18W杯は8月30日に韓国で開幕されます。
まだ選手として決まったわけではありませんが、選出は決定的とされています。
U-18W杯で佐々木投手の剛速球を見られるかもしれない、そう思うとワクワクしてしまいますね。

残念ながら甲子園出場は叶いませんでしたが、佐々木投手の夏はまだまだ終わらないようです!

佐々木投手の決勝戦で出場回避したときに、佐々木投手の兄・琉希さんのインタビュー記事がツイートされていました。

こちらは、gooニュースのサイトで、佐々木 朗希と大船渡が戦った今夏の岩手大会を、初戦から振り返った内容の記事です。

参考サイト:
gooニュース/2019/08/15 21:30/記録と記憶を残した佐々木朗希が駆け抜けた大船渡での最後の夏



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA