【織田信成】関大アイススケート監督辞任理由モラハラはどんなものだったの?今後はどうするの?

織田信成

プロスケーターの織田信成さんが29日にご自身のブログを更新し、関西大アイススケート部監督を退任したことについて、「多忙」を理由と報道されたことを否定し「リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになった」などと公表されました。

9日の時点では、関大では、織田氏のアイススケート部の監督退任を発表しています。
その際には、「(多忙で)監督としての時間が十分に取れない」と申し出があったと説明していました。

 



▲ 目次に戻る



織田信成さんが受けたモラハラは?

織田さんが、具体的にどのようなモラハラを受けたのかは、ご自身も詳細かつ具体的に明かされていません。
関大も調査中のままですね。

 織田さんは、関大の説明に対して、反論しています。

「関西大学アイススケート部監督辞任について、一部事実とは異なる報道がありましたので、自分の口から説明させてください」と切り出しています。

多忙を理由に監督を辞任したわけではなく、また関西大学との話し合いの場で「多忙で監督として十分な時間が取れない」とは一言も話していません。

辞めた本当の理由は、リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになり、辞任するまでの3ヶ月間リンクに行く事が出来なくなった事とそれに対する関西大学の対応が誠意あるものに思えなかったからです。

関西大学が調べて報告をあげるという事で結論に至り、そこから2ヶ月待ちましたが、誰がどのように調べているのかわからず、また結果報告もありませんでした。

報告を待っている間も指導を待っている生徒がいるので、なんとかリンクに戻れる環境にしてくれないかお願いしましたが、実施されないまま、このままでは何も変わらないだろうと半ば諦めた気持ちで、監督の職を辞する決意を致しました。

他の仕事への影響もあり、体調が優れないまま監督を続ける事は私にとって厳しいものでした。

関大側が引き留めたという報道に対しても「そのような事はない」と否定しています。
最後に学長にあいさつしたいと求めたというがそれもかなわなかったという。

関西大学が私に対して引き続き指導を頼んだ旨の記事がありましたが、そのような事はなく、辞める時は大学側に辞意を伝えるとすぐに承諾されました。

現役時代にはリンクまで建設して頂き大変お世話になったので、最後に学長への謁見を希望し辞意を伝えたいとお願いしましたが、その時は1ヶ月先まで学長のスケジュールが埋まっていて忙しいという理由で、直接会わずに辞めてもらって良いとの事でした。

関大の対応はちょっと、不誠実にも思えますね。
2ヶ月の間に音沙汰がないのはおかしいかな、と受けとめられます。
2ヶ月放っておかずに、もっと織田さんと対話する機会はなかったのでしょうか?
織田さんは、それを望んでいたと思います。

こちらは、ライブドアニュースのツイートです。
織田信成さんの辞任理由について説明されています。



織田信成さんの今後は?

指導者としての夢はまだ諦めていないので、オファーがあれば何処へでも行って指導できればと思います。

指導者として後継者教育に情熱を注いでいきたいと、織田さんははっきりとのべられています。

途中で職務を投げ出す形になり、本当に申し訳なく思っています。
どんな状況でもスケートを教える事がすごく楽しかったので、自分がもっと強くいられればきっとこんな風にはならなかったのだと反省しています。
人前で笑う事が辛く感じる時期もありましたが、今は家族との時間を多く取り、他のお仕事をする事で精神的にも安定してきました。
13年間、お世話になった関西大学たかつきアイスアリーナを去る事は大きな決断でした。

関大は、織田さんのアイススケート人生に長く在籍していたので
本当は、監督辞任するのは辛いと思いますね。



▲ 目次に戻る

ツイッターからの世間の声

織田さんくらいの有名人に対して、関大の対応なら、一般の人への扱いはもっと悪いのでは?
と思う声もあります。

関大にいつも感謝を述べておいた織田さん。
関大のイメージも、私達には良く思えてました。
でも、今回の件で複雑な思いにもなりますね。

関西大のモラハラに対する、原因を突き止めてほしいなともいう声もありますね。

こちらは、ニュースを受けた人の声です。

モラハラ?
それは、聞き捨てられないな。
原因究明しないと、マズいでしょう。



おわりに

織田信成さんの監督辞任のモラハラについて調べました。
織田さんのブログでは、詳細には公表されていません。

関大は、織田さんとの対話を怠っているようにも受けとめられてしまう状況ですね。

関大とはいい関係でいたいのは、織田さんが誰よりも痛感していると思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA