観月ありさの別人に変わり果てた顔は整形か加齢なのか?浅野温子似!などツイッターの反応は?

観月ありさ白ドレス

観月ありささん(42)が
「最近仲良しになった。
一番若いお友達!!!」と広瀬すずとの2ショットで
「え?これが観月ありさ?」
「別人!」と話題になりました。

果たして、そのお顔は整形なのか?
加齢によるものか?
また、観月ありさのツイッターでの反応が気になりますね。



なぜ変わり果てたの?

ここでは、観月ありさの顔が変わったのはなぜなのかを報道などから検証しますね。

話題になっているのはこちらのお顔です。
観月ありさの顔変わった



整形?

ライブドアニュースでは、美容整形なのかどうかのことを以下に報じました。

「もし観月がプチ整形をしているならば、おそらく糸を使用したフェイスアップ法、通称“糸リフト”でしょう。
この施術は、頬のたるみに糸の入った注射を注入し、もみあげのあたりから上に引っ張るというもの。傷口がもみあげで隠れるのでバレにくいですし、時間も15分程度ですから、手軽に受けられるプチ整形として人気を集めています。もっとも観月の場合、髪型が高めの位置でのポニーテールですから、自然と顔が引っ張り上げられているだけとも考えられますが…」(美容誌ライター)

ライブドアニュースより引用
観月ありさ“顔面近景”に衝撃の声「別人やんけ!」「なぜ不自然に…」・2019年11月13日 0時45分 週刊実話

この投稿をInstagramで見る

いよいよ。平成も終わり令和になりますね! 平成最後の日の夜は。 『執事西園寺の名推理2』の撮影をして締めくくりです。 昭和から平成になる時は、まだ、幼かったので、あまり色んな思いはありませんでしたが。平成が終わる今、なんだか寂しい気もしますね!昭和からモデル活動はしていましたが。 平成で本格的にデビューをして芸能活動を始めさせて頂いてから沢山の方々と出会い。 数々の素晴らしい作品に出会わさせて頂きました。本当に色んな事があった平成!!! 令和に移り変わっても。 素敵な方々や作品と、また沢山巡り会うことが出来ますように!!! そして、1人の女性として、歌手、女優として 令和も素晴らしい時代となりますように! 皆さんにとっても輝かしく素晴らしい時代となりますように。また頑張っていきましょうね💪 #観月ありさ#平成最後#令和へ #執事西園寺の名推理2 #金曜8時 #テレビ東京 #上川隆也 #佐藤二朗 #古谷一行 #吉行和子

観月ありさ(@alisa_mizuki)がシェアした投稿 –



加齢による変化?

観月ありさの顔比較

加齢による変化もそれなりにあるもの。
ここでは、17歳から現在までの観月ありささんのお顔をツイッターから載せています。
17歳からこの頃の顔まで比較してみてくださいね。

話題となっているお顔は、頬がつっぱり?か、ふっくらしているように思えますね。
体重も増えているようにも見えませんか?
おでこを全部出さないほうが良かった、というツイッターの反応がありました。
観月ありさの顔変わった

1993年7月(フジテレビ系)じゃじゃ馬ならしの17歳の頃。

この投稿をInstagramで見る

📺 . むーちゃんのつぶやきコーナー✨ . 90年代夏ドラマプレイバック🎵 . 『じゃじゃ馬ならし』 じゃじゃ馬娘にほんろうされる義理の父の姿をコミカルに描いた騒動記❗ 93年 フジテレビ系 脚本/戸田山雅司 ほか 主題歌/観月ありさ「君が好きだから」 出演/中井貴一 観月ありさ 内田有紀 鶴田真由 評価 ★★★ . . #ドラマ好き #ドラマ好きな人と繋がりたい #90年代夏ドラマ #じゃじゃ馬ならし #中井貴一 #観月ありさ #内田有紀 #戸田山雅司 #映画鑑賞 #映画好き #映画好きな人と繋がりたい #ドラマ みてね♡

mu_chan(@muroi_tatu)がシェアした投稿 –

平成3年の頃。

ナースのお仕事パート1(1996年7月)~パート4(2002年7月)の頃

この頃の観月ありささん。
でも、隣の和田アキ子さんも随分と顔は昔より変わりましたよね。



ツイッターの反応

女性は、永遠に美しくいたいもの。
整形の憧れる女性も意見が多いですね。

観月ありさ 顔パンパンで不自然すぎ!Instagramで広瀬すずとのツーショットが別人にwwwwwwww

観月ありさを象徴・・。

わお~~!ティーンの頃の観月ありさ♥。これぞ、観月ありさの顔。



観月ありさのプロフィール

本名 青山 ありさ
(旧姓:観月)
生年月日:1976年12月5日(42歳)
出生地: 日本の旗 東京都練馬区

身長: 169cm
血液型: A型
職業: 女優、歌手、モデル
ジャンル 女優:映画、テレビドラマ
歌手:J-POP
モデル:写真集・広告・雑誌
活動期間: 1981年 –
活動内容: 1991年:歌手デビュー『伝説の少女』
1992年:連続ドラマ初主演『放課後』
配偶者: 青山光司(KRH代表)(2015年 – )
事務所:ライジングプロダクション





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA