ゴーン被告がネットフィリックスと独占契約!映画撮影もある?嵐のドキュメンタリーみたいな?

ゴーンとネットフィリックス

ゴーン被告が、ネットフィリックスと独占契約を結んだと報じられて驚きました。

Netflix(ネットフリックス、NASDAQ: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社です。

アメリカ合衆国の主要なIT企業で、トリーミング配信では既存のコンテンツに加え、独占配信やオリジナル作品も扱っていますね。

最近、Netflix Japanでは、嵐のオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI’s Diary -Voyage-」を全世界へ配信すると発表されているので認知度が高いはずですね。

ここでは

  • ゴーン被告がネットフィリックスと独占契約していたという報道
  • ネットフィリックスが世界配信している嵐のオリジナルドキュメンタリーについて
  • ネットフィリックスの料金プラン
  • ネットフィリックスのサービスとは?

紹介します。

ゴーン

ゴーン逃亡の海外の反応は?レバノンのセレブには英雄?ネットの反響をまとめてみた

2020年1月4日


ゴーン被告がネットフィリックスと独占契約していたという報道

朝日新聞は以下のように報じました。

仏紙ルモンドは3日、ゴーン前会長が数カ月前、米動画配信最大手、ネットフリックスと独占契約を結んだと報じた。

契約の詳細と目的は明らかにされていないが、ゴーン前会長本人をテーマにした動画の撮影などが検討されている可能性がある。(パリ=疋田多揚)

Yahoo!JAPANニュースより引用
ゴーン被告、ネットフリックスと独占契約 仏紙報道
1/3(金) 23:53配信

また、ゴーン被告はがリウッド映画プロデューサーと面会までしていたというので、まんざら嘘でもないようですね。

米紙ニューヨーク・タイムズは2日、レバノンに逃亡した日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)が昨年12月、東京都内の住居で

ハリウッドの映画プロデューサーと面会していたと報じた。

ゴーン前会長は日本の司法制度への不満を語っていたといい、同紙は「2人の会話が、ゴーン前会長の当時の思考の一端を知るヒントになるかもしれない」としている。

ゴーン被告の逃亡そのものが、スパイ映画になりそうです。

ゴーン被告から逮捕やコントラバスの楽器のケースに入って、民間飛行機でトルコ入りから

これからの展開がそのままドキュメンタリーにでもなるのか?などど妄想してしまいます。

嵐のドキュメンタリーのようになるのでしょうか?と妄想しました。

契約の詳細と目的は明らかにされていないものの、注目してしまいますね。



Netflix・ARASHI’s Diary -Voyage-

2019年12月31日、火曜日の17時からNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI’s Diary -Voyage-」を全世界独占配信すると発表がありました。

本作は2019年12月31日(火)から2020年12月31日の活動休止までの約1年間。
毎月配信することを予定しており、これまでの嵐のアーカイブ映像の他、嵐の”今”を切り取った貴重なドキュメンタリーとの事。

こちらは、Netflix Japan ARASHI’s Diary -Voyage-』予告編 – Netflixの動画です。

ネットフリックスの料金プラン

ネットフリックスの料金プランは以下の3つあります。

  • ベーシックプラン800円(税抜)
  • スタンダードプラン1,200円(税抜)
  • プレミアムプラン1,800円(税抜)


ネットフィリックスのサービス

ネットフィリックスのサービスは

  • さまざまなデバイスで視聴が可能
  • パソコン、スマホやタブレットで映画や完全見放題
  • いつでも簡単にキャンセル


まとめ

  • ゴーン被告がネットフィリックスと独占契約していたという報道内容
  • ネットフィリックスが世界配信している嵐のオリジナルドキュメンタリーについて
  • ネットフィリックスの料金プラン
  • ネットフィリックスのサービスとは?

紹介しました。

ゴーン

ゴーン逃亡の海外の反応は?レバノンのセレブには英雄?ネットの反響をまとめてみた

2020年1月4日


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA