dena

2月5日にIT企業のゲーム事業で有名なDeNAが、作年の4月から12月までの決算で

ゲームに関連する事業で多額の損失を計上したと報道されてました。

最終的な損益が501億円の赤字に転落したそうです。

2019年の同期では80億円の黒字だったのですね。

ここでは

  • DeNAの501億円の赤字に転落の理由
  • DeNAの501億円の赤字に転落の世間の声

についてお伝えしますね。

こちらは、NHKニュースのツイート。



DeNAの501億円の赤字に転落理由

DaNA業績サマリー

DeNA損失の計上
(画像はDeNA公式サイトより抜粋)

DeNA公式サイトでは、2020年3月期第3四半期のIR説明会資料が掲載されてます。

DeNA公式サイト
DeNA

ここでは、メディアが報じた赤字の理由について説明しますね。

赤字の理由は2点であるようですね。

  • 国内のスマートフォン向けのゲームの売り上げが振るわなかった
  • 過去に買収したアメリカのゲーム関連企業の資産価値を見直して、多額の損失を計上した
  • ソフトウェアなどの減損損失
  • ゲーム事業に関する「のれん代」
  • 約400億でそのほとんどはngmocoのようです。

    DeNA2010年にスマートフォン向けソーシャルアプリのngmocoを完全子会社化しています。
    買収対価の一部として第三者割当てによる新株発行及び新株予約権を発行されました。
    買収の対価は最大で4.03億米ドル(約342億円)相当です。 

    参考サイト:
    Bloomberg公式サイト
    DeNA:米ゲーム開発会社ngmocoを買収、最大342億円(Update1)

    のれん代について、下記のサイトで説明されてます。

    M&A総合研究所のサイト
    M&Aにおける「のれん代」をわかりやすく解説!償却期間や会計処理はどうなるの?

NHK NEWS WEBでは以下に報じました。

発表によりますと、ディー・エヌ・エーの去年12月までの9か月間の決算は

売り上げが前の年の同じ時期と比べて3.7%少ない911億円余りでした。

一方、最終的な損益は、前の年の80億円の黒字から501億円余りの赤字に転落しました。

これは、国内のスマートフォン向けのゲームの売り上げが振るわなかったほか

過去に買収したアメリカのゲーム関連企業の資産価値を見直して、多額の損失を計上したことが主な要因です。

この時期の最終赤字は、ディー・エヌ・エーが2005年に東京証券取引所に上場して以来初めてで

業績の悪化を受けて、南場智子会長と守安功社長の2人は、役員報酬50%を3か月間、自主返上します。

守安社長は5日、記者団に対し「実力ベースで赤字となり、責任を感じている。

ゲーム事業の稼ぐ力が落ちて大きな損失につながったが、来年度の後半には期待できる有力なゲームを出す計画で、黒字への転換を図りたい」と述べました。

NHK NEWS WEBより抜粋
NHK NEWS WEB

会計の問題では?というツイート。

こちらは、SocialGameInfoのツイート



▲ 目次に戻る

2020年3月期業績予想

ライブドアニュースでは、以下に報じてます。

2020年3月期業績予想は公表していないが

本業の実態を示す営業損益、純損益がいずれも赤字となる見通し。

通期での赤字は2005年の東証マザーズ(現在は1部)上場以来初めてとなる。

 4~12月期の売上高は3.7%減の911億円

営業損益は441億円の赤字(同85億円の黒字)だった。

ゲーム事業の減収などを踏まえ、事業価値である「のれん代」(401億円)を含む減損損失を一括処理した。

livedoor Newsはこちら
livedoor News

なんかDeNA大赤字って話あるけど、オセロニアは落差は激しかれどもしっかり売上残してるから安心して大丈夫よというツイート。



▲ 目次に戻る

DeNAの501億円の赤字に転落の世間の声

ツイッターでは、今回のDeNAの赤字転落の考察をいろいろされております。

ゲーム事業の資産にベイスターズがはいってるからややこしいというツイート

よくわからないツイートでですが笑えます WWW



▲ 目次に戻る

まとめ

  • DeNAの501億円の赤字に転落の理由
  • DeNAの501億円の赤字に転落の世間の声

についてお伝えしました。

こちらは、NHKニュースのツイートで、

大リーグで守備の名手として活躍したオマー・ビスケール氏がプロ野球 DeNAのキャンプに特別コーチとして招かれ

ドラフト1位ルーキーの森敬斗選手などを熱心に指導しましたことを報じてます。